大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

八甲田、岩木山で初冠雪

いつもより遅く、青森を代表する山にも雪が降り、初冠雪となりました。

今日の津軽地方は外に出るととても寒く、雨も降ってることもあって、歩いてる人もまばらです。

今年の初霜、初氷は例年より早くて、寒い季節が早く来るのかとも思ってましたが、ここしばらくは暖かい日が続いていて、日曜には24度あったようです。

ちなみに初霜は10月23日、平年は10月29日。初氷も10月23日で、平年は11月3日です。

岩木山に雪が降ると、あまり間をあけずに平地でも初雪となります。去年は11月11日でした。

積雪すると、来年の3月まで雪に閉ざされますから、1日でも長く秋がつづいて、暖かな方がいいにきまってるんですが、この時期の楽しみの一つは、新酒です。

寒くなり始めの頃になると、酒を売ってるところに真新しい濃い緑の杉玉が下がります。新酒をしぼったぞの合図です。

茶色になった古い杉玉を下ろして、新しい杉玉をぶら下げる。また杉玉の色の変化で蔵の酒の熟成を知るともいいます。なかなか風流な習わしですよ。

津軽地方に黒石という市があります。

そこには江戸時代からの「こみせ通り」という全国的に見ても珍しい伝統的建造物というか街並みが残っています。

黒石にも地酒があり、こみせに杉玉が下がります。

そういう季節になりました。