大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

続)U2ってだれ?っていう人のためのU2についての補足

引き続き、U2の補足です。

 

前回は「Achtung baby」までの話でした。

よくU2の名前の由来になるんですが、よく言われてたのがU2=You,too説。

 

しかし、メンバー自身が語るところでは「バンド名を決める際に挙げた候補の内、一番マシなものを選んだだけで、特に意味はない」とのこと。むしろ「U2」という無意味な言葉の解釈の自由こそが魅力と語っている[10]

ちなみに、1991年発表の『アクトン・ベイビー』収録曲の「ズー・ステーション」は、ベルリンに実在する駅名(ドイツ語でZoologischer Garten)で、この駅の路線名は「U2」である。

 横にそれました。

「Achtung Baby」は、驚きを持って迎えられるんですが、セールス的にも成功を収めて、続く「Zooropa」へとつながっていきます。

 

「Zooropa」は1993年リリース。 

Zooropa

Zooropa

 

 この中からはキーソングになったこの曲と

Lemon

Lemon

  • U2
  • ¥150

 

 カントリーの重鎮、ジョニー・キャッシュとのコラボ

 この2曲を。

The Wanderer

The Wanderer

  • U2 & ジ・エッジ
  • ¥150

 

この頃のツアーは「ZOO TV TOUR」。

湾岸戦争の戦争が画面で進んでいくという事態に衝撃を受けたようで、それが色濃く反映されたセット、モニタが多数のセットを組んで、さらにはライブ中に色んなところに電話をかけたり、ボスニアの戦争を中継したりしてました。

画面に映しだされたルー・リードと名曲「satellite of Love」を歌うという。


12 - U2 - Satellite of Love (ZOO TV - Sydney 1993 ...

 

この後リズムパートの2人が「ミッション・インポッシブル」のテーマを軽くリメイクし、


U2 - Adam Clayton & Larry Mullen / Mission ...

1997年に、「POP」を発表。これもやっぱり全英、全米ともにチャート1位。

Pop

Pop

 

 

こう振り返ると、やっぱり90年代はやっぱりU2の時代です。

パール・ジャム とかもいたんですが、やっぱりU2

 

もともと政治的な発言も多かったんですよ。アイルランド出身だということもあって。エチオピア、キング牧師サラエボマンデラアムネスティグリーンピース

これまでにボノはノーベル平和賞に3回ノミネートされ、 もしかしたらいつか本当にノーベル賞とっちゃうかもしれないですね。

そこらへんの活動については賛否あるところです。慈善活動家という側面もあわせ持つということで。

 

「POP」以降、3枚のアルバムを出しますが、U2ファンじゃなくても覚えているのはこの曲じゃないかと。


iPod iTunes Vertigo U2 - YouTube

iPodのCM。

これみると、今回のも突然ではないんですよね。

  

ロッキンオンなんかを読み込んでたので、もっと色々と、例えばロックで成功することと金の話とかをグリーン・デイと話すとか色々とおもしろい話あるんですが、ここでは紹介だけで。

 

ここまで紹介してきて何が言いたいかというと、80年代、90年代とフォロワーバンドを生み出し、その後ほとんどのバンドがいなくなった中、U2だけがここまでのビッグネームとなったという事実があるわけで、知らない曲が入ってる!って騒ぐ前に聞いてみたらもしかしたらいい曲あるかもしれないですよってことですよ。

 

こちらの記事もよろしければどうぞ。

U2ってだれ?っていう人のためのU2についての補足 - 大人の自由研究所