大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

デング熱と「夏の災厄」と「12モンキーズ」と「流血鬼」

もう随分前にはなりますが、ブラピとかブルース・ウィリスが出てた映画で「12モンキーズ」ってありました。

タイムパラドックスを扱ってる王道のSF映画ですが、テーマはタイムパラドックスではあるんですが、そこで物語の核となっているのは、人類を滅亡させるウイルスです。

 

12モンキーズ(Blu-ray Disc)

12モンキーズ(Blu-ray Disc)

 

 

 

話の筋を追ってしまうと、ネタバレするのでやめますが、中国でもデング熱が流行ってるとかフランスでもそうだとか聞いた時に「12モンキーズ」を思い出しました。

 

 

 

「デング熱深刻」と警告=患者1000人超―中国広東省

時事通信 9月7日(日)18時33分配信

 

  【香港時事】中国南部・広東省の衛生当局は7日までに、省都広州市デング熱の感染が深刻化していると警告し、蚊の駆除に協力するよう市民に呼び掛けた。ニュースサイトの新華網が伝えた。

 広東省では今年、既に1145人のデング熱患者が確認されている。この数は平年の1年間の患者数に当たる。うち9割は広州市内で確認された。
 省衛生当局の幹部は「今年は東アジアでデング熱が多発している」と指摘。今年は気温が高く、雨が多いことから、省内でも蚊が平年より多く、通常の5倍に達している地区もあると説明した。 (Yahoo! Japanニュース)

 

もうひとつ。篠田節子「夏の災厄」。

 

夏の災厄 (文春文庫)

夏の災厄 (文春文庫)

 

 

 

デング熱とかマラリアとかよりも、蚊が媒介する感染症の中で、もっと日本人に身近なもの。致死率もデング熱とは比較にならないくらい高い。日本脳炎のことなんですが、豚→蚊→人間で感染する病気で、豚の飼育が盛んな九州では特に警戒されています。致死率は20%〜40%ととても高いです。

今調べてみたらこの作品は20年くらい前のもののようですが、出てくる単語とかで時代を感じますが、それ以外の部分、医療け問題、政治問題など今とほぼ状況は変わらず、読み応えのある小説です。パニック小説ですかね、あえて分類すれば。

診断結果は軽かったはずなのに、亡くなる人が出てくる。それをおかしいと思って調べていくと、日本脳炎ウイルスに行き着く。これから蚊の大量発生の時期である夏を目前に控えて、というお話。

感染症ですからね、もちろんパニックになっちゃいけないよって言われますけど、危機感は持たないといけないと思うんですね。

みんな正常バイアスというかそのくらい平気なんでしょバイアスがかかりすぎです。

 

そんなみなさんにこのニュースを。

 

 

デング熱国内感染の疑い ドイツ人女性が発症、厚労省発表

 

 厚生労働省は10日、日本を旅行しドイツへ帰国したドイツ人女性(51)が、デング熱に感染していたと発表した。日本国内で感染した疑いがあるという。国内では過去60年以上、感染例は報告されていない。

 海外で感染し帰国した日本人から蚊を媒介して感染した可能性が否定できないとしている。ただ日本では蚊は越冬せずウイルスが定着しない。厚労省は流行地域への渡航者に蚊に注意するよう呼び掛けている。

 デング熱は蚊の一種ヒトスジシマカが媒介する熱病で、感染の3~7日後に突然発熱し、激しい頭痛や筋肉痛などを起こすが、大半は軽症。海外から帰国後に発症する患者は年間250人程度。(47 NEWS)

2014/01/10 14:21   共同通信 

 

日付に注目です。今年の頭ですよね、これ。発表はされてるけども、誰も気にしてなかった、この頃は。外国人のニュースだから。このニュースを厚生労働省が発表しているのに、今回はあらためて外から入ってきていることになってますよね。

でも、この頃には蚊が汚染されていた可能性が高いんじゃ。だって冬に感染したということは蚊の絶対数は少ないはずです。それなのに冬に生き残っていた蚊にたまたま刺されて、その蚊がたまたまデング熱に感染した人を刺した蚊だったとかどのくらいの確率になるかを考えると、あり得ないですよね。もうこの頃にはたくさんの蚊が汚染されていて、そのうちの一匹が生き残って刺したんじゃ。

それともうひとつ。冬には蚊は全滅するから収束するって言ってたじゃん。でもやっぱり都会のビルなんかでは生き残っちゃうんですよ。

※時期の把握に誤りがありました。訂正します。昨年8月に感染したと思われるということです。季節の問題乗り越えてるんじゃ…。

パニック起こすな、大げさにするなって言うけれど、1月にニュース伝えてたのに、今回厚労の発表通りに伝えてるマスコミってどうなんでしょう。

藤子不二雄の流血鬼じゃないんですから、むしろ刺されて免疫つけたほうがとかはあり得ないですよね。危機感もって続報に注意しましょう。今更色んなところの閉鎖もないですけどね。

 

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1

 

 

 

 

大人の自由研究所はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。