大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

手帳の選び方を調べる その2

引き続き、手帳の選び方についてです。

 

前回は、自分自身の手帳の使い方を再確認して、どういった用途で使おうとしてるのかを書き出しました。

 

それから予算的なこと、店頭にもたくさんあって選ぶ時の範囲が広いという理由から綴じ手帳を選ぶということにしました。

 

今回は綴じ手帳のページレイアウトを確認して、具体的にどんな手帳を選んだらいいのかを調べていきます。

 

【綴じ手帳のタイプは6種類】

綴じ手帳は、さらにスケジュール欄の違いで6つほどにレイアウトが分かれます。

 

〈週間バーティカル型〉

左から月、火、一番右に日曜日がきてます。各曜日の下に上から下に時間の目盛りがふられているので、どの時間に予定が入ってて、どこがフリーなのか一目瞭然です。細かい時間管理が必要な人に向いてますね。

 

〈週間レフト型〉

左側に1週間の予定、右側半分はフリースペース。右側にはTO DOリストやメモを書いたり。ポストイットを貼り付けたりもできますね。

〈見開き2週間型〉

1ページに1週間、見開きで2週間が見渡せます。2週間分の予定が見渡せる反面、書き込みスペースはどうしても小さくなるので、1日にいくつものスケジュールをこなすようなタイプの人には向かないですね。

 

〈週間セパレート型(ホリゾンタル型)〉

左側に月~木、右側に金~日+フリースペースみたいな割り振りがなされているようなものをホリゾンタル型というんですね。そうだったんだ。これはよく耳にするやつですよ。

 

〈1日1ページ型〉

1日分のスケジュールが1ページあるタイプですね。書き込むスペースは一番大きい反面、スケジュールを見渡すような時には弱そうですね。

 

〈マンスリー型〉

カレンダーのようなタイプですね。スケジュールを見渡す時にはとても便利そうです。ただし上の5つと同じ大きさの手帳だと考えると、書き込むスペースは本当に少しになりますね。

 

 

 

f:id:saqamoti:20140914073510p:plain

 

 

 

【選んだのは週間レフト型】

色々タイプがあるのですが、毎日がそんなに細かいスケジュールは設定してないということと、思いついたことをチョロっと書き込んでおけるスペースがあったらいいなと思うので、左側のスケジュール欄には予定と完了した業務の内容を書き込めて、右側にはフリースペースとしてメモ欄があるタイプ、「週間レフト型」にしようと思います。

 

で、月刊スケジュールにも、工程が書き込めるようなスペースあるやつを探します。

 

【サイズ選び】

大事なことはまだありました。サイズです。

 

たまには持ち出すこともあるよということを考えると、サイズはA6かA6変型、ウォレットサイズと呼ばれるサイズということにします。

 

本当はA5がいいような気もするんですけど、かさばるといつしか持ち歩くの面倒になって、書き込みを中断してカレンダーに戻ってしまうおそれもありますし。

 

 

 

ということで、この条件をすべて打ち込んで検索をかけました。

 

そうすると一番最初に出てくるのは「ほぼ日手帳」。その中でも「WEEKS」というのが条件にマッチしてるようです。

 

さっそくほぼ日手帳のサイトへいってみました。

 

薄くて持ち運びには全然問題なさそうです。オリジナルでやらかした苦い思い出は払拭できるでしょうか。

 

で、サイト見てたら、松本大洋装画のカバーもあるじゃん!でも仕事では使えないかとか、決定にはまだ至らないですが、キープで。

 

 

 

f:id:saqamoti:20140914073611j:plain

 

 

 

 

 

次が能率手帳です。去年からNOLTYというブランドに変更になっているようです。これはどこの本屋さんでも扱ってますから、実際に手にとって確認できるのがいいですね。

 

サイズとレイアウトを入れると条件に合うものがでてきました。

 

NOLTY JMAM eショップ

 

NOLTY 2015年 1月始まり クレスト1(ブラック)

 

ただしメモの部分が方眼じゃないようです。

 

 

 

f:id:saqamoti:20140914073643j:plain

 

 

 

コクヨ ジブン手帳ですが、月間スケジュール、ガントチャートなどスケジュールの管理部分はほぼ完璧なのですが、夢を記入したりというフランクリンプランナーに近い要素もあり、そうすると分厚くるので、今回は候補から外しました。

 

 

 

f:id:saqamoti:20140914073723g:plain

 

 

 

 

 

あとは老舗の高橋書店とかが思いつくのですが、まだ2015年のは発売になっていませんでした。

 

 

 

他にもたくさんのメーカーがありますので、それぞれ合うタイプを探すと、より思っているのに近いものが見つかると思います。

 

 

 

ここまで考えてみたんですが、NOLTYはメモが方眼じゃなかったので、2015年の手帳は「ほぼ日手帳 WEEKS」にきめました。結局また戻ってしまいました。

 

 

 

f:id:saqamoti:20140914073741j:plain

 

こんな使い方できるでしょうか。途中で投げないように頑張ります。

 

結構楽しかったです。みなさんも選んでみてください。