大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

デング熱患者が増加

やはりというかデング熱患者がさらに確認されました。

 

全員が8月に代々木公園を訪れたことがある人たちだそうですが、そうなると代々木公園で一体何が?ということが気になりますよねぇ。

 

 

 

それでは蚊について調べてみましょう。

 

蚊は温かい季節、今のような季節だと40〜50日程度の生存期間があるようです。血を吸うのはメスのみで、産卵のためなんですが、吸血することで卵巣を大きく成長させていくんですね。蚊は2mg吸うと満腹になります。でも1回で2mg吸うことはなかなかできないです。刺されるとそのうち気づきますからね。ですから蚊は1mg吸うのに数回の吸血を行っていると言われています。吸っては逃げて、隙を見計らってはまた血を吸うということを繰り返し、1mgになると産卵し、4〜5日経つとまた血を吸い始めるようです。そうなると、蚊の生存期間のうちに結構な回数、血を吸うことになりますよ。

 

蚊の種類によって行動半径はマチマチですが、問題となっているヒトスジシマカは100〜150m程度というのがもっとも一般的な説のようです。

 

 

 

というようなことをまとめると、代々木公園の中にいたと思われるウイルスを媒介した蚊は、行動半径から考えると公園は出ていないでしょうね。せいぜい近辺まで。問題なのは吸血する回数ですね。1匹が産卵できるようになる1mgまで数回吸血するとなると、複数の蚊が複数の人から吸血している中で、複数の蚊がウイルスのキャリアになっている可能性があったということでしょう。まさかたまたま1匹が現在感染が明らかになっている人を刺したということは考えられないからですね。

 

ということは、今現在明らかになっている人以外にも、複数の人がウイルスを持った蚊に刺されている可能性が高いんじゃないでしょうか。

 

 

 

気になる話が。これはすでに一部削除されているので、ソースに当たることができない話ではあるのですが。

 

王様のブランチで、おそらく8/20前後に代々木公園でロケがあり、女性タレント2人が虫取りをしたようなんですね。削除されたのは「33か所蚊に刺された」というエントリーなんですが、その2人とも高熱を出しているということです…。

 

 

 

出た。 Happy ニコニコ Life-青木英李 

小学せぶりかもっ Happy ニコニコ Life-青木英李

もちろんその後のことは何も情報はないですから、全然関係ないのかもしれませんよ。でも代々木公園で蚊に刺されてその後原因が思い当たらない高熱とか、もうなんかフラグ立ちすぎな気が。

もう一つ。新潟の男性が陽性だということからすると、結構短期間で広範囲に拡大することも可能なんだなとニュース見てて思いました。人から人へは伝染らないけれど、蚊に刺されてしまうとその刺した蚊は、もしかしたら人に伝染す可能性があるということですね。突然体調を崩したら、お願いだから病院いってほしいですよね。

 

つい最近このニュースとは別に、この頃蚊が減ったというニュースがあったばかりだったと思ったんですが、一体何なんでしょうか。代々木には例外的にたくさんいたのか?

 

蚊に刺されない工夫と蚊の発生を抑える工夫。両方やらないとどこからウイルスがやってくるか、わからなくなってきましたね。2回目のデング熱感染(別の型にかかった場合)は重症化しやすいということもあるようです。

 

もしかしたら高熱が出なかったり発疹出なかったりで、検査しなかっただけで、これまでにも一定数いたりしたんじゃないでしょうか。

 

今後も経過の推移に注意が必要なニュースです。