大人の自由研究所

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

大人だって分からないことありますし。引き出しの多い大人を目指します。

シリアで日本人が拘束される

シリア国内で日本人男性がイスラム国(ISIS)に拘束された模様というニュースを今朝やっていました。 シリアで日本人拘束か、外務省 確認急ぐ(TBS News i ※Youtubeにリンクします) 気になっていたので、家に帰ってきてからいくつかニュースサイトを確認したんですが、情報が錯綜していて一部不穏な情報も伝えられてるようです。   イスラム国(ISIS)という武装集団が拘束したようです。最近よく耳にするようになったイスラム国(ISIS)なんですが、そもそもこの組織ってなんでしょう。ちょっと調べてみました。

イラク、シリアなどの中東諸国を、サイクス・ピコ協定に代表されるヨーロッパの線引きにより作られた「サイクス・ピコ体制」だとしてこれを否定し[7]、武力によるイスラーム世界の統一を目指している。2014年6月29日、イスラーム国家の樹立を宣言し組織名「ダーイシュ」(ISIS/ISIL) の名を廃止し、イスラーム (Islamic State) の名を採用すると宣言した[8]。各国はこの宣言の有効性を認めていない。メディアはこの組織を従前のようにISIS (ISIL) と呼ぶか(ロイター通信CNNほか)、「イスラム教スンニ派の過激派「イスラム国」[9]」などと表記している。NHKでは「イラクとシリアで活動するイスラム過激派組織[1]」「イスラム国家の樹立を一方的に宣言した過激派組織[2]」。wikipediaより

なるほど。これまでの国の枠組みを否定して、イスラムの名のもとにイスラム諸国をひとまとめした大イスラム国をつくろうとしている勢力なんですね。しかも武力で。うーん。国境なんか完全無視。これは厄介な人たちに捕まっちゃったんじゃないでしょうか。 アメリカがイラク北部を空爆しましたが、これもこのイスラム国をたたくためだったわけです。シリアやイラクの中で武力で言うことを聞かす武装集団で、とても見ていられないような虐殺の映像もネット上には存在してますね。 シリアでは、アサド政権の事実上の崩壊後、そのアサド率いる政府軍、自由シリア軍反政府軍)、イスラム国の武装勢力の三つ巴の争いとなっているようで、拘束された男性は自由シリア軍と行動を共にしていたようです。というのもこの男性は民間警備会社を経営しているようで、ただ警備についての経験がなく、戦闘の経験もないというような状態で4月にシリアに入り、自由シリア軍に捕まっていたようです(8/18 報道ステーションより)。それで開放されたあとに経験不足解消のためか自由シリア軍と行動を共にしていたようで、自由シリア軍ととイスラム国の武装勢力との戦闘の最中に捕まり拘束された、こういうことのようです。 そもそもイスラム国に武器を供給していたのではアメリカとアサド政権側だったという事実もあるようです。 うーん。アメリカからしても、その昨日の友は今日の敵的な。そういうところにわざわざ行ってしまうのもどうなんでしょう。無事で帰ってきてくれるのを願うばかりです。続報を待ちましょう。